本当に小陰唇縮小を大阪のクリニックで受けるのか確認しよう

不安を抑えましょう

単純に手術はしない

体にコンプレックスがあって、医療技術によって治すことができるなら、すぐに行なった方が良いでしょう。しかし、コンプレックスには単に体の問題ではなく、精神的な問題も隠れていることがあります。それ以外にも、正しい知識を与えてもらえば手術をする必要はないこともあります。
それらのことを考えた上で、不安が解消したなら手術をすることはありませんし、本当に必要なら大阪にも手術してくれるところはあるので相談して手術を受けましょう。

醜いと思い込んでしまう

小陰唇縮小を大阪の医院で相談して受けようという人で、必要以上に見た目が少し違うことで恐怖心を受けてしまっている場合もあります。
自分の容姿を醜いと思いこんでしまう病気を醜形恐怖症といいますが、悩み続けてしまって整形を続けてしまうケースもまれにあります。
こういった症状なら、まず精神的な治療が必要です。

恥ずかしいことではない

「遊んでいるから肥大するのだろう」と酷い言葉をかけられてしまって、それがトラウマになってしまう人もいます。しかし、小陰唇が肥大するのは遊んでいるからではありません。
性器に関することはまだ正しい知識が広まっていないのが現状ですが、性器の色や形が違うのは、ホルモンバランスが影響しているので、悩む必要はないのです。